まる子

はじめてのオムツ

圧迫骨折(の診断はされてないけど多分、間違いなくそう)の義母がトイレに行くのが大変になり、紙おむつにしたいと申し出があり義父が使っていた紙おむつが余っているから、それを使いたいとのことだったが、それは自分で履くタイプではなくテープ式だった…
まる子

オムツにしたい

相変わらず這って移動の義母。トイレに何回も行くのは大変だからオムツにしたいと言うのだが自分でオムツを使ったことがないから私にやってくれと頼んできた。
まる子

ベッドにしよう!

朝、様子を見に行ったら…さらに状態は悪化しており… 地域の包括センターの人に相談したらその日の夕方には介護福祉レンタル会社の人がベッドを設置してくれた。初めてのベッドに戸惑う義母とその言動に戸惑う嫁。
まる子

あれから10ヶ月…

最初に戻って…せっかく歩けるようになるまで回復して庭で布団を取り込んでいたら自称ギックリ腰。1度目は湿布でどうにかなったから病院へは行かないといい次第に症状は悪化…整形の薬はキツイから飲まないほうがいいと義姉から言われたらしく、整形外科を受診拒否される
まる子

ちょっとでも元気で楽しく過ごしたい…

去年は、コロナ禍で休校が続いて暇そうな王子の夏休みを有意義に過ごすために味噌を作った。今年は、バレンタインに向けてカカオ豆からチョコレートを作ってみようと思ってネットで購入した。
まる子

目が悪い??

義母に「あそこにいるのは何の鳥?」と言われて指差す方向を見ると、スズメだった…。「スズメです」と答えると「そんなわけない」と言われて…
まる子

ご近所付き合いは一生よ

「ご近所付き合いは一生だから、もう野鳥を呼ぶのやめなさい」と言われている。そして、その日の午後義母に「まる子さんが仕事している間、両隣の人に私の様子を見に来るように頼んでちょうだい」と頼まれた。
まる子

年末年始

年末…年末年始のお買い物準備をしていたら、義母がリビングにやってきて『私も暮れや正月ぐらい一緒に食べさせてもらえるなら買いたいものがあるの』と。私は一度も部屋で食べろとか別々に食べろなんて言ったことはない…年末から年始、ストレスは年をまたぐのだった
まる子

病院の付き添い

定期的に通っている病院の付き添い…圧迫骨折から半年以上経過して最近では自分の身の回りのことは出来るようになるまで回復していたが『薬局まで遠くて歩けないから診察室まで付き添ってもらって、診察が終わったら代わりに薬を受け取ってきてほしい』とのこと。
まる子

一緒にお出かけがまぁまぁストレス。

私の仕事の休みに合わせて自分の予定を入れてくる義母。でも当日になると気分が乗らなくなって行かなくなって、また別日に予定を入れられて…私の予定がキャンセルになったりして振り回されている…