食事

まる子

「夜と朝の間で」

おやつに羊羹とお茶を食べて夕飯まで寝ていた義母。いつも通り夕飯を届けに行くとトイレに入っていたので夕飯を置いて部屋を出た。しばらくしてリビングにやってきた義母の頭の中は翌朝になっていて…その会話のやりとりに色々心配になる嫁の話
まる子

「休眠中のぬか床をみてみた」

昨年から始めたぬか漬け。冬、漬かりが悪くなってきたので休眠させて4ヶ月。雑な性格の私が漬けたぬか床…。蓋を開けるのが怖いけど…どうかな?
まる子

「お茶と新聞とお水」

今朝、パパを見送ったあと、義母に届ける温かいお茶と新聞と水筒の水の準備をしているとパパから電話がかかってきた。何事かと思って急いで電話に出ると、義母からパパに「部屋まで水を持ってきて欲しい」と電話がかかってきたとのこと。定刻に届けようと準備してたのに何故??
まる子

「具合…悪いんだよね?」

いつも通り就寝したのに何故か飛び起きてしまって、そのまま朝を迎えてしまった私。部屋にお茶と入れ歯と新聞を届け、シャッターを開けるために部屋に入ると具合が悪くて食事もできないとのこと…。
まる子

「絶賛ワクチン副反応中の介護②」

夕方には38.6℃まで上がってきた。王子は39.8℃…。朝は微熱だったので、パパには仕事に行ってもらったけど、悪寒も頭痛もひどいし、義母とのやり取りがもううんざり…
まる子

「絶賛ワクチン副反応中の介護について」

私と王子の新型コロナワクチン接種後の副反応出現中に義母に振り回されるまる子のお話。
まる子

「女王?だれ?女玉??」

まる子さんも弁当作ったり朝ごはんの支度で忙しいだろうから今朝はパンでいいです。毎朝、色々出させるのは悪いから、同じものなら苦にならないと私のためを思って言ってくれたらしいが翌朝は…
まる子

朝はゆっくり寝ていたい…

今日は全員が休み…。これまでは弁当作りで5:30起き、弁当なしで全員休みの日は目覚ましのセットなしで8時過ぎに起きていた。その生活が義母の介護によって一変した。